課税方式を知る

 

複数の所得を一括りにして、総合的に課税する所得税の課税の事を総合課税と言います。

複数の所得がまとめられ合算されたものを課税する事になるのですが、合算された所得に応じて税率がかけられて納税額が定められることになります。

また、日本国内においては、累進税率と呼ばれる超過累進課税が適用され、一定額を超えた部分は、それぞれの税率がかかるようになっています。

尚、複数の所得の中には譲渡所得が在ります。
譲渡所得には大きく分けて、長期譲渡所得と短期譲渡所得の2つが在ります。

長期と短期の違いと言うのは、譲渡する資産の所有期間による違いであり、資産を収得した時から売却するまでの所有期間で2つに分けられているのです。
長期譲渡所得は、所有期間が5年を超える場合であり、5年以内の場合は短期譲渡所得になります。

因みに、譲渡所得と言うのは、資産を売った金額ではありません。
資産を売却した金額から収得費用と譲渡費用を差し引くことになるものです。
この収得費用と言うのは、購入費用であり、購入する際にかかった手数料、設備の費用や設置費用、改良費用なども含まれています。
一方、譲渡費用というのは、売却するためにかかった費用になります。

コメント

コメントを受け付けておりません。