課税方式を知る

 

「山林所得」は、所有期間が5年を超える山林について、伐採して譲渡したか、または立木のまま譲渡したことによる所得のことをいいます。山林を取得してから5年以内の場合は、事業所得か雑所得という別の区分になります。譲渡には、売買のほかに交換や法人への現物出資なども含まれ、また、山林を土地付きで譲渡したような場合には、土地の部分については譲渡所得として計算されます。
この所得の確定申告にあたっては、他の所得とは合算せずに別々に税額を計算する、いわゆる申告分離課税となりますので、「収支内訳書」という所定の申告書添付書類を作成することが必要になります。
この所得の金額は、総収入金額から必要経費および特別控除額を控除して得られた額です。青色申告をする場合には、さらに10万円を限度とする青色申告特別控除が差し引かれます。ただし、青色申告特別控除については、不動産所得の金額、事業所得の金額から順次控除した残りの額となります。
総収入金額は、一般には譲渡の対価として得た代金の合計額をいいます。
必要経費は、山林の取得や植林のために要した費用、管理費、伐採費、その他山林の育成や譲渡のために要した費用の合計額です。
特別控除額は、山林の場合は法令により50万円とされています。

コメント

コメントを受け付けておりません。